サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
Mens Lipo Times編集部

劇的な変化が見られた、重度の女性化乳房症例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
劇的な変化が見られた、重度の女性化乳房症例

女性化乳房も、重度になると手術後にひどいたるみが残ることがあります。今回はそうした症例をご紹介しましょう。術後のたるみをいかにして克服したか、その軌跡をご覧ください。

ご紹介するのモニター様は30代の男性です。ご覧のように、術前のバストは大きく垂れています。脂肪の蓄積と乳腺発達が認められたため、乳腺摘出と脂肪吸引を行いました。
…と、普通の女性化乳房の治療なら大体この程度なのですが、この方の場合、これに加えて、サーミタイトという皮膚の引き締め施術も併用しています。脂肪吸引後の皮膚の余りが激しいと判断したためです。
真性女性化乳房と偽性女性化乳房の混合

皮膚の引き締め施術「サーミタイトとは」?

お肉を焼くと縮みますよね? つまりタンパク質は、熱によって収縮するわけですが、サーミタイトはこの性質を利用します。サーミRFという、特殊な高周波の熱作用で皮膚を引き締めるのです。
方法は脂肪吸引と同様、まず患部にカニューレを挿入します。その上で、皮下から高周波の熱を照射して組織をタイトニング。これによって引き締め効果を発揮します。
また長期的には、肌質の改善も期待できます。熱でダメージを受けた皮下組織は、術後数週間かけて、大量の成長因子を放出します。これによってコラーゲンの生成が促進され、肌にハリを与えてくれるのです。
従来のたるみ解消法と言えば皮膚の切除がメインでしたが、これはゲストの体の負担が大きく、術後も大きな傷が残ります。その点、サーミタイトならメスを使わないため負担も軽く、傷跡も小さくとどめることができるのです。
サーミタイトの引き締めメカニズム

たるみ取りを併用した女性化乳房症例。施術の成果は?

治療前、治療後1ヵ月、3ヵ月の変化をご覧ください。治療後1ヵ月の時点では、まだたるみが目立っていました。ところが3ヵ月もすると、ご覧の通り見違えるほどスッキリしてきます。
サーミタイトの効果は、術後3ヵ月ぐらいからはっきり出始めて、術後6ヵ月ぐらいで完成します。つまり、ここからさらなる引き締め効果が期待できるというわけです。完成が待ち遠しくなりますね。
真性女性化乳房の治療前後比較

当院の女性化乳房治療のモットーは、キレイに仕上げること

女性化乳房の治療は、基本的には乳腺の切除と脂肪吸引で対応します。しかし、治療の本来の目的は、見た目のコンプレックスを解消すること。キレイに(カッコよく)仕上がらなければ意味がありません。こうした観点から、当院では必要に応じてさまざまな治療法を組み合わせ、最適な改善策をオーダーメイドで提案しています。また、当院は男性のボディデザインの経験も豊富です。身体の見た目にコンプレックスを抱えていらっしゃる男性は、どなたも気兼ねなくご相談にお越しください。

まとめ
  • 重度の女性化乳房の場合、脂肪吸引のみでは胸部の皮膚がたるんでしまうことがある
  • 皮膚のたるみを改善するために、サーミタイトを併用することも
  • 当院の女性化乳房の治療では仕上がりを重視し、あの手この手で対策している

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*