サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
Mens Lipo Times編集部

男性らしい腹部と腰の肉体美を脂肪吸引で作るコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性らしい腹部と腰の肉体美を脂肪吸引で作るコツ

今回ご紹介するモニターゲストは22歳の男性です。決して太ってはいませんが、より男性的なメリハリのある引き締まったボディになりたいとのご要望で来院くださいました。そうです。脂肪吸引は、なにも肥満体型の人だけが受ける特別なものではありません。美しくなりたいと願う人なら、誰でもウェルカムです。そんなモニター様の術前から手術直後までの様子をご覧ください。

術前の様子をご覧ください。ご覧の通り決して太ってはいらっしゃいませんが、腹部、胸部とも皮下脂肪はしっかりとつまむことができます。どこがというわけではありませんが、全体的にやや緊張感に欠ける体型と言えるかもしれません。この状態から、腹筋が6つに割れた男性的でカッコいい身体に仕上げていきます。
脂肪吸引を希望する20代男性(腹部)

男性の脂肪吸引のコツ①:背面(腰)のデザインも疎かにしない

腰の部分の脂肪というのは、一度付いてしまうと運動ではなかなか落とすことができません。シャープで男性的な印象を形作るにはこの部位へのアプローチも重要です。イメージとしては逆三角形を作っていくのですが、その際のポイントは、お尻より出っ張っている部分の脂肪をしっかり取り除くこと。最終的にお尻の部分が最も横に広がっている形になるように仕上げていくことです。この画像でいいますと、ちょうど手で触っている部分がお尻より出ているのがお分かりいただけるでしょうか。この出っ張りが、シルエットをかっこ悪くしているので、ここを吸引します。
脂肪吸引を希望する20代男性(背面)

男性の脂肪吸引のコツ②:筋肉に沿ってマーキングする

モニター様ご自身の腹直筋のライン、腹斜筋のライン、大胸筋のラインに沿ってデザインしていきます。しっかり吸引して癒着させるところ、あえて脂肪を残すところが分かるように、色分けしながら細かく書きこんでいくのがTHE CLINIC 流です。
背面は先ほど示した通り逆三角形になるようにデザインしています。男性ならではのデザイン上のもう一つのコツは、お尻の上をまっすぐ一直線にすることです(女性の場合はここに丸みを持たせます)。
脂肪吸引前のマーキング(20代男性)

男性の脂肪吸引のコツ③:メリハリの効いた脂肪吸引を行う

術前後の変化をご覧ください。まだ手術直後ですが、筋肉のラインに沿って立体ができていることがお分かりいただけるでしょうか。
また、腰の部分には先ほど説明した逆三角形のラインが描出されています。お尻の部分が広がりのピークになるようにデザインすることで、すっきりとした印象仕上げました。
術前と脂肪吸引直後の比較(20代男性)
つまめる脂肪の量もかなり少なくなりました。筋肉のラインを強調する場所は、ほとんどゼロまで徹底的に脂肪を吸引するのもコツです。
術前と脂肪吸引直後の脂肪量の比較
今回の記事でご覧いただいたのは手術直後の様子です。今後腫れや拘縮がおさまる6ヵ月後が完成の目安。その頃には、もっと引き締まった状態になっていることでしょう。完成が楽しみです。
※この施術の様子は動画でも配信中です。是非合わせてご覧ください。


まとめ
  • 男性の脂肪吸引には、男性ならではのコツがある
  • 1つは腰のラインへの意識。逆三角形を念頭に、お尻より広くなっている部分の脂肪を取り除くこと
  • もう1つは筋肉の陰影への意識。筋肉を浮き立たせるために、メリハリの効いた脂肪吸引を行う

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*