サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
Mens Lipo Times編集部

男性のための脂肪吸引「4Dスカルプト」その結果は?(モニターインタビューあり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性のための脂肪吸引「4Dスカルプト」その結果は?(モニターインタビューあり)

THE CLINIC には、男性のための脂肪吸引「ベイザー4Dスカルプト」という施術メニューがあります。胸部や二の腕、お腹といった、男性らしさを象徴する部位の筋肉を、身体の動きに合わせてナチュラルに際立たせることができる、ワンランク上の脂肪吸引です。この手術を受けてくださったモニターゲストの術前後の変化をご覧ください。

こちらは術前に行ったマーキングです。当クリニックの場合は特にと言えるかもしれませんが、脂肪吸引の施術前には、必ずこのようにしっかりとマーキングします。どの部位からどの程度の脂肪を除去するか、あるいは絶対に吸引してはいけない部位はどこかといった情報が一目でわかるようになっています。彫刻でいうデッサンのようなものです。
身体の前面しか見えていませんが、実際には腰回りの背中側にもしっかりと書き込みがあります。この方の施術部位は、お腹、腰、胸部です。
脂肪吸引の術前マーキング(男性/お腹)

背中側(腰部後部)の脂肪吸引

まず背中側の脂肪吸引から実施しました。術前はしっかりと掴むことができた脂肪が、術後はかなり少なくなっていることがお分かりいただけるかと思います。男性の脂肪吸引で心がけていることは、お尻の上部は女性のように丸みを持たせず、しっかりフラットにするということ。そして、腰から背中にかけてはしっかりと逆三角形を作るということです。
脂肪吸引前後(男性/背中)

お腹側の脂肪吸引

横になった状態なので見た目には差が分かりにくいかもしれませんが、実際の術前のお腹には脂肪がしっかり付いていますし、筋肉のラインも出ていません(左写真:筋肉のラインが走っている部分に、ペンで印が付いている状態です)。これに沿って、いらない脂肪をしっかり吸引した結果が右の写真です。手術直後ということで全体的にむくんでおり、この状態では筋肉のラインがうっすらとしか見えませんが、これから3ヵ月~半年ほどかけて徐々に仕上がっていきます。
脂肪吸引前後(男性/腹部)

脂肪吸引から2週間後、モニター男性のご様子は…?

さて、手術から2週間ほどして、経過観察にお越しくださったモニター様にお話を伺いました。
Dr「痛みはありますか?」
モニター「腰と胸の部分に筋肉痛の時のような痛みがあります。お腹は全然痛くないです。」
そうなんです。脂肪吸引の後は、一時的に筋肉痛のような痛みが出ます。ただ、我慢できないほどという感じではなさそうですね。経過も順調のようなので安心しました。これから回復するにつれて、どんどんカッコよくなっていくことでしょう。完成が楽しみです。
脂肪吸引後の男性へのインタビュー

男性の脂肪吸引はビジネスに有利に働くことも?

「健康的で若々しい印象のある人は、ビジネスでも成功しやすい」。そんな見方が一般的なアメリカでは、男性の間でも、脂肪吸引やアンチエイジングの施術が大変人気です。
人の印象とビジネスでの成功率。この相関性の真偽はさておき、脂肪吸引によって自信が持てるようになって、仕事も前向きに取り組むことができるようになり、その結果ビジネスチャンスが増えるということは十分に考えられるかもしれません。もし、当クリニックの脂肪吸引に興味をお持ちいただけましたら、是非ご相談にお越しください。


まとめ
  • THE CLINIC では術前のマーキング(デザイン)を重視
  • 脂肪吸引の施術は、マーキングに沿って忠実にしっかりと行う
  • 術後は多少のダウンタイムが見込まれるが、多くの場合、日常生活に支障をきたすほどではない

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*