サイト運営クリニック
サイト運営クリニック THE CLINC
Mens Lipo Times編集部

脂肪吸引に磨きをかけろ! ベイザーの最上級資格とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脂肪吸引に磨きをかけろ! ベイザーの最上級資格とは?

先日、ベイザー脂肪吸引の最上級資格“Total Definer(トータル・ディファイナー)”を取得するための技術セミナーが、THE CLINIC で開催されました。もちろん当院のドクターも受講し、全ドクターがこの資格を取得済です。ところで、このトータル・ディファイナーとはどのような資格なのでしょう? 普通の脂肪吸引とは、どう違うのでしょう? 今回は、そんな素朴な疑問にお答えします。

ベイザー脂肪吸引の技術と認定資格は、これまでにいくつかの段階を踏んでステップアップしており、常にアップデートを繰り返しています。トータル・ディファイナーは、その最上級資格です。まずはこれまでにベイザー脂肪吸引が歩んできたステップを振り返ってみましょう。

ステップ0:通常のベイザー脂肪吸引

まず通常のベイザー脂肪吸引ですが、これは単に平面的に脂肪を取り除く技術です。もちろん、吸引力の高さや組織へのダメージの低さなど、機械の性能として特筆すべき点は数多くありますが、仕上がりそのものは一般的な脂肪吸引の域を出ないものです。

ステップ1:ベイザーハイデフ(立体を加味した脂肪吸引デザイン)

脂肪吸引のデザイン(男女別)

やがて通常のベイザー脂肪吸引に、筋肉の立体感を加味してデザインする技術が誕生しました。これをベイザーハイデフと言います。立体感というのは、筋肉のラインを強調するということです。この技術の誕生によって、肉体をより美しく見せるためのデザイン的要素が脂肪吸引に加わりました。

 

ステップ2:ベイザー4D(立体に動きを加味した脂肪吸引デザイン)

男性の脂肪吸引でターゲットとなる部位筋肉の立体感に加え、動作時の筋肉の動き(Dynamic)を加味したボディデザイン技術が4Dです。中でも男性に特化した脂肪吸引技術のことは「ベイザー4Dスカルプト」と呼びます。分かりやすく言えば、ハイデフで実現した筋肉のライン(シックスパック)がより自然に表現できるようになったということです。また、これまで対象となる部位が腹筋だけでしたが、この技術によって二の腕、大胸筋といった他の部位の筋肉を際立たせることも可能になりました。

ステップ3:トータル・ディファイナー

トータル・ディファイナーとは、個々のゲストにとってベストなボディデザイン手術が提案でき、かつ高度な技術でデザインを実現できる美容外科を指します。デザインの対象となる部位は、男性の場合は、シックスパック(腹直筋)、大胸筋形成、前鋸筋、外腹斜筋、広背筋、上腕の三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋などです。この資格は、単に高度な技術力があるだけでは取得できません。その技術を状況に応じて意のままに操ることができる、判断力と経験が必要です。最上級たるゆえんはそこにあります。
男性の脂肪吸引で得られた劇的な変化

ベイザー脂肪吸引のエキスパート“トータル・ディファイナー”になるには?

 

ベイザー脂肪吸引に関する一連の技術革新は、脂肪吸引の世界的権威。コロンビアの整形外科医でもあるDr. Hoyos によって考案、開発されました。ですから、これらの技術名を掲げて施術を行う場合

は、必ず直接Dr. Hoyos の指導を受ける必要があります。トータル・ディファイナーもまた然り。当院の全ドクターがこの技術セミナーに参加したのはそのためなのです。

ベイザー脂肪吸引の世界的権威 Dr. Hoyos

ベイザー脂肪吸引の世界的権威
Dr. Hoyos

トータル・ディファイナーのベイザー脂肪吸引を受けるには?

ベイザー脂肪吸引の技術セミナー日本でトータル・ディファイナーによる脂肪吸引が受けられるのは、実はTHE CLINIC だけです。理由は先ほど示した通り、トータル・ディファイナーは、Dr. Hoyos に直接指導を受けた医師にしか名乗ることが許されないから。彼に直接指導を依頼できるような強固な関係性が築けているは、当院の大きな強みです。このように私たちは、海外の名医とも積極的に交流して、日々、技術のアップデートに努めています。
ただ脂肪を取り除くだけでは物足りない。どうせならより美しく、よりかっこよくなりたいとお考えであれば、是非ご相談にお越しください。あなたに最適な、オーダーメイドの脂肪吸引をお約束します。

まとめ
  • トータル・ディファイナーはベイザー脂肪吸引の最上級資格
  • THE CLINIC のドクターは全員この資格を所持している
  • トータル・ディファイナーによる脂肪吸引が日本で受けられるのは、日本ではTHE CLINIC だけ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*